読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくらの子育て戦記

父と息子の育児ブログです。関連書籍、子育てアイテムの紹介、愚痴、悩み、息子自慢、などなど

【広告】

MENU

【話題のブログ】2人目について考えたこと

nue-all.hatenablog.com

はてなブログトップの育児カテゴリピックアップに載っていたブログ記事を読んで、改めて自分にとっての2人目問題をまとめてみました。

 

ついつい忘れがち

うちも子供が生まれてもうすぐ3年。

日々の育児に振り回されていると、妊娠・出産期の大変さ、新生児育児のしんどさ、といった辛かった記憶が徐々に薄れていくのを感じます。

しかし、改めて思い返すと、妊娠・出産で女性が受ける肉体ダメージは本当にスゴいんですよね。。。

件のブログの内容は「妊娠時にツラかったこと」、うちの嫁はあまりガルガルするタイプでは無かったのですが、やはりしんどかったのだろうなあ、と改めて感謝の気持ちで一杯になります。

 

育児を経験して

男の子を一人育ている今、痛感していることは

時間、金、体力がハンパじゃなく消費される です。

 

いやもう、本当に。

 

時間

乳児の頃は世話することに時間を費やしてましたが、今は子供との時間を大切にするためにガンガン費やしてます。

朝は朝食、着替え、保育園の送り、時には通院(特に冬は多い)。

夜は間に合えば一緒にお風呂、寝かしつけ。

子供が寝たあとが自分の時間(こうしてブログ書いたり)ですが、子供がうまく寝付けなくて起きちゃったりすると、その時間も無くなります。

土日もなるべく家族で外出するようにして、飲みに行くのは子供が寝た後にこっそりと。

趣味に使う時間を捻出するのも一苦労です。

会社の人からモンハンXXを皆でプレイしようと声かけられてますが・・・厳しいかもしれません。

 

子供が乳児だった頃の方が、まだ時間取れていましたね。。。

心、脳、体、が成長して本格的に外で遊べるようになると、もっともっと親子の時間を作っていかなくてはならないので、今から覚悟してます。

まあ、それも反抗期がくるまで(あと10年くらい)だそうですが。

 

まあ、言わずもがなですね。

保育園費、食費、オムツ代、玩具代、なんかはもちろんのこと、成長するにつれて増えていく、学費、習い事費、なにかあったときのための、貯金、保険。

もう考えるだけで頭の中のお財布が弾けて飛んでいきそうです。

ダブルインカムとはいえ、時短で家事・育児に時間を取ってくれている妻の収入を頼りにし過ぎるわけにはいきませんし、自分のキャリアプラン(給料が上がるのか)と出費とのにらめっこです。

子供生まれるまでは、あまり昇進しなくていいから、そこそこのお金貰って、自由にやりたい仕事が出来れば満足、とか思ってましたけど・・・やっぱ世の中はお金でしたわ。

 

体力

齢30を越えて、体の衰えを如実に感じるようになってきました。

20代の頃はふざけて鉄棒にぶら下がって、懸垂やってみて、「いやあ、筋力衰えたわあ」とか言ってましたけどね、運動不足の30代はヤバいですよ。

ちょっとヤンチャしたら普通に筋痛めますから。

子供が抱っこ紐を嫌がるんで、父親らしく直で抱っこしながら散歩してたら、右足が足底筋膜炎になりました。

多分、片側に重心が偏った状態で長々と歩きすぎたせいだろう、と。

もはや、我が家の常備薬の使用率第二位が湿布(サロンパス)になりつつあります。

尚、頭痛持ちの妻が常用している頭痛止め(EVE A錠)が不動の第一位。

 

【第3類医薬品】サロンパスAe 140枚
久光製薬 (1997-04-01)
売り上げランキング: 23
【指定第2類医薬品】イブA錠 60錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
エスエス製薬 (2005-06-01)
売り上げランキング: 251

子供は若いうちに作っておけ、っていうのはこういうことですね、分かりますた。

 

2人目について

そんな中でもやはり「2人目どうする?」って話にはやはりなるわけです。

我々の親も、周囲のパパ・ママ友なんかも、悪気なく、自然とそんな話になります。

 

ぶっちゃけて言うと、息子が可愛くて可愛くて仕方なくて、家族三人でとてもバランス良く安定した生活を送れている現在のライフスタイルを壊したくないんです。

2人目がいなくても充実感に溢れちゃっているので、必要性を感じないんですよ。

 

それどころか、2人目が出来ることで生じる、生活への影響や漠然とした不安の方が圧倒的に多いんです。。。

  • 育児時間が増えることで息抜きの時間を保てなくなる。
  • 部屋が手狭になるから引っ越しを考えなくてはならない。
  • しかも女の子が生まれると、後々それぞれの部屋を用意しなくてはならない。
  • 引っ越し先によっては保育園を転園しなくてはならない。
  • 今のご時世ですぐび良い転園先が見つかるとは到底思えない。
  • 兄弟で同じ保育園に入れるとは限らない(送迎負担の増加)。
  • それどころか下の子が待機児童になるかもしれない。
  • 上の子と下の子をどうしても比べてしまうだろう自分が嫌。
  • 上の子と下の子を分け隔てなく愛せるか分からない(父は男子贔屓だった)。
  • 金銭面の問題で、子供に十分な教育環境を用意できないかもしれない。

もう挙げだすとキリがありません。

子供がもっと大きくなって親離れを始めたら、これらのことも全部吹っ飛ばして「子供が欲しい!!」とか言い出すのかもしれませんが・・・そのとき多分、私の年齢は40をとうに越えています。

体力面も、金銭面(定年が目の前と言う意味で)も不安でイッパイイッパイです。

 

そういうわけで、私の今の気持ちは計画的1人っ子政策推進派です。

 

政府の子育て推進施策で画期的な仕組みが出来るとか、宝くじ(買わないですけど)やら、遺産やらで驚くほどの大金が手に入るとか、外部環境が変われば背中押されて2人目!ってことが無いとは言えませんけど。

 

皆さんはどう考えていらっしゃいますか?