読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくらの子育て戦記

父と息子の育児ブログです。関連書籍、子育てアイテムの紹介、愚痴、悩み、息子自慢、などなど

【広告】

MENU

【知育玩具】ジグソーパズルで脳に刺激を与えよう

f:id:seashow-kirie:20170308012243p:plain

KUMONさん曰く、パズルは集中力を養い、達成感と自己肯定感を与えてくれ、手先に巧緻性を高めるそうです。

 

良いことづくめじゃないですか!!

 

初めてのパズル 

そういうわけで2歳の誕生日に初めて息子に与えた、KUMONのパズル(STEP1)。

結構、あっと言う間に6ピースまで出来るようになりました。

 

くもんのジグソーパズル STEP1 あつまれ のりもの
くもん出版 (2012-02-24)
売り上げランキング: 2,171

しかし、次に挑戦したKUMONのパズル(STEP2)は絵柄が似たピースが多く、大苦戦。今でも9ピースくらいが一人で完成出来る限界です。

 

くもんのジグソーパズル STEP2 はやいぞ しんかんせん
くもん出版 (2012-02-24)
売り上げランキング: 1,546

そんな中、ピースは多いけれど難易度は優しめのパズルを発見。

それがアンパンマンパズル(30ピース)です。

 

多くても2~3ピースで1キャラの全身がほぼ完成するので、進みが早いです。

はじめの頃は「あ!ここにカレーパンマンが見えてきたよ。お顔はどこかなー?」とか言ってましたが、最近ではなるべく自由に遊ばせてます。

 

好きなところから並べるので、端っこやってるなあ、と思っていたら、いきなり真ん中のアンパンマン並べだしたりするんですけど、それはそれで見ていて面白いです。

 

f:id:seashow-kirie:20170308014817p:plain

f:id:seashow-kirie:20170308015106p:plain

f:id:seashow-kirie:20170308015204p:plain

なんだかんだでほぼ一人でやりきりました。

 

”ほぼ”なのは、ピースの配置が微妙にズレていて次のピースがハマらないときに微調整を手伝うから。

 

最近はアンパンマンパズルの2つ目にも挑戦中ですが、知らないキャラもいるからか同じピース数(30ピース)でもやや苦戦模様です。

まだ、完成イラストを見ながらパズルをする、という感覚が無いようで、そもそもの絵柄(キャラクターイラスト)を知っているかどうか、で難易度が変わってくるようです。

 

30ピース ケースつきB4パズル アンパンマン パズルしようよ
サンスター文具
売り上げランキング: 4,443

パズルで検索すると、2歳半くらいで65ピースまでクリアしちゃう子もいるみたいですが、成長は人それぞれですのでマイペースでやっています。

親がよく言うセリフTOP10には入りそうな「うちはうち、よそはよそ」ってセリフはこういうときにこそ使いたいな、と思う次第。

 

【不定期オマケ 最近の息子】

作者:妻

f:id:seashow-kirie:20170308020906j:plain

なぜかは全く分かりません。一時的なブームなんだと思います。彼の中で。